コンクリートの豆知識

コンクリートとは

日本の代表的なコンクリートアーチ橋について

コンクリートアーチの橋梁は、煉瓦や石造りに比べると装飾美が劣ると思われることがあります。
冷たい印象を与えることがあるためですが、繊細な意匠設計によって改善することができます。
この種の形式で最高峰となるのが、新潟市にある萬代橋となります。
萬代橋は1929年に竣工したコンクリートアーチ橋で、現在では国の重要文化財に指定されています。
優美な充腹アーチが特徴で、上路式のために橋上からの景観にも優れています。
1964年の新潟地震にも耐えたことで、堅牢な橋として有名となりました。
上路式の開腹アーチとしては、1927年に竣工した聖橋が代表的です。
震災復興橋梁の一つで、コンクリートを用いた聖橋は、神田川の渓谷美に見事に馴染む名橋です。
同時代の橋としては、1931年に竣工した2代目の秩父橋も有名です。
秩父橋のコンクリートアーチは、武庫川の武庫大橋にも負けない美しさです。
昭和初期のコンクリートアーチの中でも、元荒川の新佐賀橋は異色の存在です。
新佐賀橋は現在の鴻巣市にあり、元荒川の改修事業の一環として1933年に竣工しました。
近代的なRC構造でありながらも、過剰なほどに豪華な装飾によって見る人を圧倒します。
現在では登録有形文化財となり、鴻巣市の名所となっています。

構造材としてのコンクリートが多用される時代

明治時代から大正時代までは煉瓦の建物や構造物が盛んに作られましたが、1923年の大正関東地震の後にはコンクリートが構造材の基本となりました。
1883年に開架した東北本線荒川橋梁の場合では、初代の橋は橋脚や橋台が煉瓦造りでありました。
ところが、関東大震災後の1927年には2代目の鉄橋に架け替えられ、橋脚などがコンクリート造となった経緯があります。
荒川橋梁と同様な現象は、日本全国で見られました。
総武線の江戸川橋梁や、常磐線の利根川橋梁の場合でも同様です。
明治時代のトラス桁が再利用される機会はありますが、移設の際には橋脚や橋台はコンクリートで作られることがほとんどです。
亀島川の南高橋が好例で、明治時代のピントラス桁をRC橋台が支える形となっています。
鋼材は再塗装を繰り返せば半永久的に使えることは、世界遺産のアイアンブリッジの例を見れば分かります。
コンクリートには寿命がありますが、木材と比べれば丈夫であると考えることが主流です。
そのため、コンクリートや鋼材で作った橋を永久橋とも呼びます。
実際には永久に使うわけではありませんが、極めて丈夫であるという意味を持っています。
丈夫に作るためには、最初の段階で強固な基礎を固めることが重要となります。

pickup

留袖をはじめとする着物レンタル専門のネットショップ

着物 レンタル

掲載企業数No1!全国の優良SEO会社を一括比較・見積り請求が出来る、SEO対策会社比較サイト決定版!

SEO対策 見積もり

信州伊那自動車教習所の合宿免許の様子を伝えるInstagram

信州伊那自動車教習所

還暦祝いや米寿のお祝いなど、嬉しいお祝いの日には枯れない花プリザーブドフラワーを贈りませんか?

着物レンタルを東京で頼む

チケットショップk-netのクレジットカード現金化サービスのホームページ

カード現金化を横浜でするなら

確かな電解技術と高濃度な水素水の効果・効能をお試し下さい。

水素水の効果

お友達との同時撮影でもっとおトクに!

成人式 前撮り 岡山

最終更新日:2016/11/15

Copyright (C) コンクリートの豆知識 All Rights Reserved.